今なら、「助成金」をもらって耐震補強工事をする方法があります
あなたの自宅は、いつ建てられたものですか?

昭和56年(1981年)以前に建てられた建物は、非常に危険です。現在の耐震基準ができたのが昭和56年6月。この新耐震基準は、震度5程度の地震に対してはほとんど損傷を生じず、震度6強〜7程度の地震に対しても、人命に危害を及ぼすような倒壊などの被害を生じないことを目標としています。これ以前の建物は、震度6以上の地震があったときに危険と言えるかもしれません。

あなたの自宅は、十分な量の壁がありますか?

建物の1階を中心から見て、すべての方向に同じぐらいの割合で壁が配置されていますか?また、四隅に壁がきちんと配置されていますか?室内にも壁もしくは柱が配置されていますか?これらに自信を持って「YES」が言えないと、耐震性に不安があると言えるかもしれません。

あなたの自宅は、凹凸の多い作りになっていませんか?

壁のない車庫があったり、L字型やコの字型になっている部分があったりすると、地震の際の力のかかり方によってはたいへん危険な状態になります。そうした凹凸がある場合、特別な補強がされていますか?

あなたの自宅は、2階を増築したりしていませんか?

2階を増築することで、建築の際には想定していなかった負荷が1階にかかっている可能性があります。バランスが悪くなると耐震性が大幅に下がり、非常に危険な状態になります。

耐震補強工事には助成金が出ることを知っていますか?

実は、「ある条件」を満たさないといけないのですが、耐震補強工事は自治体から助成金が出ることが多いのです。地域によっては200万円以上出ることもあるんですが、ご存知ですか?

東日本大震災を受けて、あなたにもこんな不安はありませんか?



こんな方は、ぜひ牧野(まきの)にご相談ください!


こんにちは。一級建築士の牧野一郎と申します。

いつ、どのタイミングでくるのかがわからないのが地震の怖いところです。工事自体は数日で終わることも多いため、本当に早く手を打ってしまうにこしたことはありません。

「でも、費用がいくらかかるかわからなくて・・・」
「でも、業者の選び方、頼み方がわからなくて・・・」

こういった悩みを解決するために立ち上げたのが、このサイトです。

当サイトでは、一級建築士であり、元木造住宅の現場監督の私(牧野)が、耐 震に関するすべてのご相談に無料でお答えしています。ですから・・・

当サイトご利用のメリットその1:耐震診断士に無料で相談できます

「中立な立場の一級建築士」に、無料でご相談いただけます。お住まいの家屋が、地震に対してどのぐらいの強度を持っているのか?補強の費用はいくらぐらいが相場なのか?など、何をご相談いただいても無料となっています。

当サイトご利用のメリットその2:必要なら、業者をご紹介することもできます

ご相談の結果、実際に補強の工事を行いたいということになった場合には、全国の提携業者の中から1社、ご紹介させていただくことが可能です。

この場合にも紹介料をいただくことはありません。また、私がご紹介する業者は全国の優良工務店ばかり。見積もりも明確で良心的な金額でばしっと出してくれます。

もちろん、あなたが工事を望まなければ、業者のご紹介は行いません。

当サイトご利用のメリットその3:業者からのしつこい営業を受けません

私は工務店でもリフォーム業者でもなく、「中立的な立場」であなたのご相談にお答えさせていただきます。このため、よくある「見積もりを取ったら業者がとてもしつこくて、不愉快な思いをした」ということが起こりません。

当サイトご利用のメリットその4:助成金の申請についてお手伝いさせていただけます

耐震工事について助成金を申請するには、資格を持った耐震診断士の助言が必要です。こちらも精一杯バックアップさせていただきます。


【耐震リフォーム無料業者紹介・相談窓口 利用規約】

本サービスをご利用いただける方は、下記規約にご同意いただいた方に限ります。後でお困りにならないために、ご面倒でもご一読をお願い致します。

1.当社は、依頼者様が申し込みフォームに記載した情報のうち、個人情報(氏名・住所・電話番号・メールアドレス)以外の情報を本件サイトの登録業者に対して開示することにより、業者からの耐震工事プランや概算見積金額などの提案を募ります。

2.耐震工事プランや概算見積金額などをご提案させていただく業者の数は、各地域における業者数や内装工事の規模や依頼者様の要望内容などに応じて決まります。複数社からのご提案が頂けるよう当社も努力いたしますが、ご提案がない場合もございますことをご了承下さい。

3.業者からの概算見積金額は、依頼者様が提供した図面・写真・要望のみをもとに算出したものであり、確定の見積金額ではありません。詳細な確定見積金額や耐震工事内容については、依頼者様が業者へご自身で個人情報を明らかにしたうえで、業者と直接お打合せのうえ決定してください。

4.本サービスは依頼者様情報が匿名であるにもかかわらず、業者から耐震工事プランや概算見積などの提案を受けることが出来るため、依頼者様へ提案してきた業者に個人情報を明かさない場合(直接の商談をしない場合)には、依頼者様に「商談お断りアンケート」に回答して頂くことが当サイトのご利用の条件になります。

5.依頼者様が業者と契約を締結し耐震工事が完了した際は、電話(0120-925-152)・FAX(0120-719-037)・メール(info@taishinpro.com)のいずれかの方法で工事金額等をご連絡いただく、または、依頼者様に「工事完了報告アンケート」に回答して頂きます。依頼者様がアンケートに記載した情報は業者の今後の業務遂行に役立てるために、業者に提供することになりますので、予めご了承下さい。

6.当社は、依頼者様と業者間で金額・工事・アフターサービス等について生じた紛議(業者の対応が悪い場合、耐震工事の結果が依頼者様のイメージと異なる場合等)や損害案件、保証事項等について一切の責任をおわず、何らの保証もいたしません。そのため、依頼者様は業者から提示される条件等を十分にご確認のうえ、自己責任において契約を締結するものとします。

7.依頼者様が受領された耐震工事プランや見積書等には各業者の機密数字等が記載されておりますので、ご検討時に他者に見せたり、競合他社名や見積額等を話されたりといった交渉等にはご利用にならないでください。

8.当社は、理由の如何にかかわらず、ご利用いただく依頼者様の個人情報を漏洩・転売することはありません。依頼者様自身が業者に、個人情報を開示した場合に限り、業者は依頼者様の個人情報を受領することができます。

9.依頼者様は当社が本件サイトの利用状況を計る等のために、利用状況を把握するための仕組みであるクッキー(Cookie)により利用状況を記録することに同意するものとします。なお、当社はこの記録を、個人識別が可能な状態で第三者に開示しません。

10.当社は依頼者様に事前に通知することなく、本サービスの内容の全部もしくは一部を変更または停止することができます。これに伴い、依頼者様に不利益、損害が発生した場合であっても、当社はその責任を負わないものとします。

11.依頼者様が本サービス利用によって第三者に対し損害を与えた場合、依頼者様は自己の責任と費用をもって解決し、当社に損害を与えることのないものとする。依頼者様が本規約に違反した行為または不正もしくは違法な行為によって当社に損害を与えた場合、当社は当該依頼者様に対して損害賠償を請求できるものとします。

12.当サイトからリンクする他のウェブサイトの商品・役務などの利用に関し、当社は損害賠償を含む一切の責任を負いません。

13.業者ならびに業者関係者からの耐震工事プランや見積などの依頼は本件サイトを利用して営業を行なう業者への迷惑になりますので、法人・個人を問わず固くお断りいたします。

14.本サービスに関して紛争が生じた場合、東京地方裁判所を第一審の専属的合意管轄裁判所とします。